唐変木は徒然に・・・

職業????

職業は?

いろいろな場面で聞かれたり、書かされたり・・・
また自己紹介では、名前・年齢の次に言ってみたりする

そんなに大事なこと?って思うが
その人の経済的な後ろ盾がどこに由来するのか
それを発表しているにすぎない

が・・・

それが今の資本社会では重要な問題である
生きるためにお金が必要だから

であれば
お金を発行している以上、仕事もちゃんと行き渡るようにしろ~
簡単に仕事を奪うな~

と、いうのが結論です

ま、これ以上は資本論にまで触れなければならない
僕には荷が重すぎるので
これにて終了~
[PR]
# by tawaramadi | 2009-09-07 20:54 | 生きる・・・

仕事とは

何か違和感を感じていた・・・
やっとわかりました、というか気がつきました

一昨日の日記タイトル、始まったばかりでエピローグとなってました
もちろん、プロローグの間違いで・・・

ま、自戒の意味も込めて、そのまま訂正はしないでおきましょう
読者も100人しかいないでしょうから(笑)

失うことはいろいろあるが、仕事の場合は悲惨だ
下手をすると生活基盤すべて失う

そんな重要なことを、たった企業の論理で簡単に決められていいのか
普通に働き、ましてや会社に損失も与えていず、さらに言えば社会に対しても真面目に生きている人を
簡単に切り捨てていいのかと思う

こうなってしまったのは、資本主義のなれの果てではないかと思う
が、そこまで語る気はさらさらない

眠たいので今日はここまで
[PR]
# by tawaramadi | 2009-09-04 22:32 | 生きる・・・

生きる・・・とは

「生きる」?
反対語を「死ぬ」と考えれば答えは簡単で、生きていることそのものを言えば良い

しかし、反対語を「生きない」や「生きていない」ましてや「生かされている」にすると状況は一変する
それらはもしその本人が言うところには、まだ「生きている」のである

生きている人が「生きる」ってと問う時はその意味を問うことになる
なにか・・・禅問答のようであるが・・・
あえて、考えている

派遣村の村長が問うた言葉は、村に集まった人々の心情を一部語ったと思っている

災害が起きた時に必ず言われる言葉に「ライフライン」がある
電気、ガス、水道のことであるが・・・
途絶えた時は大騒ぎになるがそれだけでは「生きる」?の問いにまでは発展しない

しかし、派遣村に集まった人々は、ある意味、衣食住を失った人々である
どっちが「ライフライン」だとも言いたい

と、まあ理屈っぽいことを言ってますが
ぼちぼちテーマを見つけて明日以降続けようかと・・・
[PR]
# by tawaramadi | 2009-09-03 21:57 | 生きる・・・

エピローグ

2009年元旦
その言葉は、僕の胸に突き刺さった・・・

その日
我が家では、年越し蕎麦を冷たいのにするか温かいのにするか
それとも間を取ってあつもりにするか朝から揉める
娘は温かいの、僕は冷たいの、息子と妻はあつもりをそれぞれ主張した

食卓には、もう10年以上前から大みそか恒例の鯛の塩釜が並ぶ
テレビではダウンタウンのガキの使いが視聴率をあきらめたように流れている

いつものように、半ば義務のように
12月31日は年が明けるまで起きている

そして家族が寝静まった後は、たぶん毎年のことではあるが
テレビ朝日系列が放送している「朝まで生テレビ」を見る

今年も、そんないつもと同じ年越しだった・・・

番組中、日比谷公園の年越し派遣村の状況が紹介された
パネリストである、その派遣村の村長が発言した
「生きるってどういうことですか?」
前後の脈絡は覚えていない
だけど、その言葉が耳から離れない


生きる・・・

そのことをテーマにこれから毎日(ほんとかいなww)書いていこうと思います
[PR]
# by tawaramadi | 2009-09-02 22:20 | 生きる・・・

冬が来る前に…

もう一度あの一コマのその気分 小春日和も感じるまでに



    もうはまだ…
    まだはもう…

    季は熟したのだろうか…


タイトルは、この時期によくかかる曲名で、紙風船という夫婦デュオが唄っている。
また、もと赤い鳥のメンバーで、二つに分裂したもう片方は、ハイファイセットです。

もう、小春日和というには寒すぎる気候となりました。
ここ札幌では、この時期は晴れると逆に放射冷却現象により、気温が下がる。
今にも雪が吹く(降るではなく、風が吹くの吹く)のではと心配します…

近郊の山はすっかり雪化粧を済ましました。
雪化粧と言えば、わが頭髪もこの一年で白さを増したような気がします。

そろそろタイヤ交換のことも考えなきゃ
ここ札幌では、この時期は日曜になると近所で、タイヤを交換する光景を目にする
まだ2年目だから、今年も履けるだろうと(履くという表現が正しいのか?)何気に思う…

峠では、夏タイヤ通行禁止の交通情報が出ていることでしょう。
禁止と言えば、わがパチンコ禁止はこの一年も全く守ることができませんでした。

忘れていたこと、手をつけなきゃ、今年が終わってしまう
ここ札幌だろうと何所だろうと、年の終わりは同じようにやってくる。
よし、今なら始められるような気(そう、今朝思った)がする…

やっと書き始めた、ここまで書いた、そろそろ結末に持っていかないとね



冬が来る前に… 
[PR]
# by tawaramadi | 2008-10-31 22:42 | 短歌日記

やっと、つづく・・・

グループ名にしたいような気がした・・・ ドリップ・サーバー&ペーパーフィルター



     その新聞記事にはこうあった・・・
     「創業者兄弟、経営から完全に外れる」


二間間口の、奥に細長い小さな店だった。
店の前には駅名標があり、そこには『波止村』とあったと記憶している。

当然のように、自動ドアではない引き戸を開けると、無線機器やアンテナその他が所狭しとショーケースに収められていた。

左側には、レジカウンターがあり、今思えば、弟である専務がいつも座っていたような気がする。
そして店の一番奥には、バーカウンターがあり、そこにはお兄さんである社長が居て、パイプを咥えながら、お客さんとコーヒーを飲みながら談笑している姿が強く印象に残っている。

昭和58年・・・18歳の夏
まだ、CB550Fにまたがっていた頃の話です。


つづく
[PR]
# by tawaramadi | 2007-12-08 06:01 | 短歌日記

もう、30年も前になるのか・・・

遠き日の林檎並木のその先の小さな店に思い馳せる朝




       新聞の経済面の小さな記事

       時として感慨にふける事もある・・・


札幌に平岸と言う街がある。
リンゴ並木が有名で、南北に街道が走るその中央に地下鉄平岸駅ある。
そこから歩いてすぐ、その小さな店はあった。

大学に入って間もなく、何となく何人かの仲間ができ、その中の一人がアマチュア無線をやっていた。
その友達に誘われて、大学のアマチュア無線部に入ったとき、すでにその無線部には何人かの新入生が居た。
その中のまた一人が、その店でアルバイトをしていた・・・

店の名前は、「ハドソン」
テレビゲームにちょっと詳しい人なら、この名前はすぐにわかるだろう
当時はまだ、任天堂のファミコンが発売される前で、パソコンと言う言葉すらない頃である。

一地方にあるその店は、無線機器の販売店で一部、無線マニアの店として存在していた
はじめて、その店に行ったのはいつだっただろう
たぶん、まだ夏に入る前、5月か6月だったと思う。

大学に入ったばかりの18歳、いろいろな友達が出来た、しかも、いろんな地方から集まった個性的な面々
そんな楽しい大学生活が始まった頃の話です。



明日につづく・・・
[PR]
# by tawaramadi | 2007-11-02 07:55 | 短歌日記

出発の朝

乾いた空にしたくもありの曇り空 行ってきます行ってらっしゃいの朝



          いつものように家を出る・・・
          まあ、雨が降るよりいいか・・・

          いつもの、良かった探しの朝に



お取引各位
                                有限会社○○○○
                                代表取締役 俵○○

    北海道○○○販売(株)との業務代行契約締結について


 拝啓 秋冷の候、貴社ますますご清栄のことお慶び申し上げます。


(中略)


ご理解いただき、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

                                             敬具




10月31日をもって、事業の大幅縮小を致しました。

さ~て、今日から何をしようかな~

まずは、毎日更新?

みたいなwww
[PR]
# by tawaramadi | 2007-11-01 10:36 | 短歌日記

カミングアウトの朝

可愛いかしら?長男から次女への朝 カミングアウトは晴々映り・・・


       すね毛を剃って・・・
       眉をととのえて・・・
       化粧して・・・

       もうこれ以上書けない・・・



       今日から長男は、次女になりました・・・
       名前は「ゆかり」・・・


昨日の日曜日・・・
僕が起きたら、もうその準備?それとも儀式?は始まっていた。

娘が、面白がるように、はしゃぎながら化粧を手伝っている・・・
妻が、悪乗りするように、髪の手入れを手伝っている・・・
息子は、満足そうに、そして至福の表情をしている・・・


いつの間にか、銀色の髪をしたメイド服姿の少女が出来上がった。
娘が僕に紹介しました・・・

ゆかりちゃんです~

新聞を読みながら、題名のない音楽会を見るでなく居た僕は、祝福の拍手をせざる得ません。
ラフマニノフの、ピアノ協奏曲第2番の演奏が終わる頃、出かけていったのです・・・

長男、170センチ、80キロ、20歳と2ヶ月のこの日
自分の居場所のひとつを見つけたようです・・・




(なんとも、おぞましいwww)
[PR]
# by tawaramadi | 2007-10-08 17:50 | 短歌日記

着信履歴

元気なの?元気だよ!そう会話した 4秒残るワンコール履歴


    本当は・・・
    間違えた!生きてたんだ?そう会話した 4秒だったワン切り履歴


最近は便利になったと言うかなんと言うか・・・
携帯が仕事の中心となってきた。

我が会社に普通一般で言われる、電話機が無い
会社あての電話は全て携帯に転送される。

ダイヤルと言う言葉が死語になったように
今度は、ピポパも死語になりつつある。

電話をかけるとき、相手が出るかどうかちょっとドキドキしたものだが
今は、別に出なくてもいいや!着信が残るから
そんな風に気楽に思える。

さあ、充電の終わった携帯もって営業に出かけよう・・・
[PR]
# by tawaramadi | 2007-04-17 08:00 | 短歌日記